効果ありそう?エイジングリペアの全成分を解析評価!

効果ありそう?エイジングリペアの全成分を解析評価!

効果ありそう?エイジングリペアの全成分を解析評価!

エイジングリペアの全成分はこのようになっています。

 

馬プラセンタエキス、サメ軟骨抽出乾燥末(コンドロイチン含有)、コラーゲンペプチド(魚)、ムコ多糖タンパク複合体(デルマタン硫酸含有)、亜鉛含有酵母、ヒアルロン酸Na、ガラクトオリゴ糖、グリシン、V.C、L-プロリン、L-グルタミン、ショ糖脂肪酸エステル、微粒二酸化ケイ素、パントテン酸Ca、L-シスチン、V.B1、V.B2、V.B6、V.B12、葉酸

 

 

馬プラセンタの含有量

まず気になるのは、馬プラセンタの含有量ですが、1日分(4粒)で、180mgです。

 

効果ありそう?エイジングリペアの全成分を解析評価!

こちらにもありますが、その他の成分を合わせると、1日分が900mgになります。

 

その他成分の方が多いサプリメントなんですね。総合的な美容サプリであると言えそうです。

 

なぜこんなに美容成分を入れているのか?

 

それは、公式サイトにヒントがあります。

 

抗加齢医学専門医である菅原道仁医師が、「本気でエイジングケアをするなら、プラセンタだけでは足りません」とおっしゃっています。

 

 

馬プラセンタと一緒に摂ると良いものとしては、コラーゲンやヒアルロン酸などで、それらをバランスよく配合するのが良いのだそうです。

 

エイジングリペアのその他の美容成分というのは、プラセンタを補足する意味合いで配合されているんですね。

 

それら馬プラセンタ以外の成分について解析してみます。

 

エイジングリペアの美容成分と配合量

エイジングリペア公式サイト確認済の成分量です。(記載のないものは非公開)

 

サメ軟骨抽出乾燥末(コンドロイチン含有)...180mg
保水力があり、潤いを守る成分。腰痛や関節痛の軽減にも。

 

コラーゲンペプチド...180mg
ハリと潤いを保つ成分。魚由来のコラーゲン。エイジングリペアは通常のコラーゲンの1000分の1ほどの低分子で、浸透性をあげています。

 

ムコ多糖タンパク複合体(デルマタン硫酸配合)...36mg
皮膚細胞の弾力を保つ成分。肌の中の真皮、表皮に存在して、コンドロイチン、ヒアルロン酸とともに細胞の潤いを保つ。

 

亜鉛含有酵母
たんぱく質の合成や、骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラル。この順番からすると結構多く入っています。

 

ヒアルロン酸ナトリウム...18mg
角質層の水分量を高める潤い成分。肌の保水力を上げ、張りを保つ。

 

ガラクトオリゴ糖
ビフィズス菌を増やして整腸作用を促す。タンパク質の消化吸収促進効果も。

 

グリシン
アミノ酸の一種で、睡眠改善、抗うつ他、美肌効果もある。

 

V.C
ビタミンCのこと。抗酸化作用、メラニンの生成を抑える。シミ消し効果。

 

L.ブロリン
アミノ酸の一種で、皮膚の中で弾力を保ったり水分をキープする役割。

 

L.グルタミン
アミノ酸の一種で、疲労回復、傷ついた組織の修復を助ける作用。

 

ショ糖脂肪酸エステル
国に認められている添加物。食品用乳化剤。

 

微粒二酸化ケイ素
食品添加物。成分の凝固や流動性を良くするための添加物。

 

パテトン酸カルシウム
脂質、糖質、タンパク質の代謝を助ける。

 

L.シスチン
アミノ酸の一種で、Lシステインが2分子結合したもののこと。
メラニンの生成を抑制し、肌に沈着した黒色メラニンを薄くすることで美白効果がある。

 

ビタミンB1
糖の代謝、シミの発生を防ぐ

 

ビタミンB2
脂質代謝と再生効果、シミの改善と予防

 

ビタミンB6
脂質代謝、肌のターンオーバーを正常化

 

ビタミンB12
脂質代謝、シミ改善

 

葉酸
タンパク質合成、肌のターンオーバーを正常化、細胞分裂や細胞の成長促進。

 

以上がエイジングリペアの全成分です。
美容成分、体に良い物がたくさん入っている一方で、食品添加物もわずかながら入っています。(危険な成分は一つもありません)

 

エイジングリペアが他の馬プラセンタと決定的に違うのは馬プラセンタ以外のその他成分です。
馬プラセンタのみで勝負するというサプリもありますが、これが人気であり、効果の高い秘密なのかも知れません。

 

⇒エイジングリペア【最安値ショップ】はこちら

 

 

 

 

いろんな人付き合いはもとより、多種多様な情報が溢れている状況が、なお更ストレス社会を悪化させていると言っても過言じゃないと思われます。

フラボノイドを多量に含んでいるプロポリスの効果・効用が調べられ、人気が出だしたのは遠い昔の話ではないにもかかわらず、今日では、グローバルレベルでプロポリスを入れ込んだ製品が売れています。
さまざまな人が、健康に気を配るようになったのだそうです。そのことを示すかの如く、『健康食品(エイジングリペア)』と言われる食品が、あれやこれやと売られるようになってきました。
好き勝手な日常スタイルを規則正しいものにしないと、生活習慣病に罹患する可能性がありますが、それ以外にもヤバイ原因として、「活性酸素」があるとのことです。
栄養バランスが考えられた食事は、生活習慣病を予防する上での必須事項ですが、困難であるという人は、是非とも外食とか加工された食品を避けるようにしないようにしましょう。
ターンオーバーを活気づかせて、人間が先天的に有している免疫機能を恢復させることで、個人個人が保有している真の能力をかき立てる作用がローヤルゼリーにあることがはっきりしているのですが、このことを実際に体感できるまでには、時間が掛かるはずです。
質の良い食事は、言うまでもなく疲労回復には大事な要素ですが、その中でも、一際疲労回復に効果のある食材があるのをご存知でしたでしょうか?なんと、馴染みのある柑橘類らしいのです。
なんで精神上のストレスが疲労を誘引するのか?ストレスに強い人にはどんなタイプが多いか?ストレスに負けないベストな対処法とは?などをご披露しています。
プロポリスに含有されるフラボノイドには、表皮に発生するソバカスあるいはシミを抑える効果が認められるとのことです。アンチエイジングにも効果を見せてくれて、肌の表面も透明感のあるものにしてくれる天然素材としても注目されています。
健康食品というものは、基本的に「食品」であり、健康増進に貢献するからといって、医薬品みたいな効能をPRすることになれば、薬事法違反となり、業務停止とか、最悪の場合逮捕されることになってしまいます。
「こんなに元気なんだから生活習慣病の心配など必要ない!」などと話している人も、中途半端な生活やストレスが影響を及ぼして、身体内は一寸ずつ酷くなっていることも予想されるのです。
仮に黒酢が嬉しい効果を供してくれるからと言いましても、量を多く摂取したら良いというわけではないのです。黒酢の効果・効能が有効に働いてくれるのは、多くても30ccがリミットだとのことです。
「黒酢が疲労の回復に効果を見せるのは、乳酸を減少してくれるから」とされていることも少なくないみたいですが、本当のところは、クエン酸あるいは酢酸による血流改善が良い結果を齎していると言っていいでしょう。
便秘が頭痛の種になっている女性は、ものすごく多いと言われています。どんなわけで、そんなに女性は便秘に悩まされるのか?反対に、男性は胃腸がウィークポイントであることが多いらしく、下痢で大変な目に合う人も多いと言われているそうです。
青汁を選べば、野菜が保有している栄養成分を、超簡単にサッと体内に入れることが可能ですから、恒常的な野菜不足を良化することができるわけです。